永野のりこ歴

永野のりこ 略歴プロフィール

漫画家。東京都出身。1985年に『Sci-Fiもーしょん!』
(「月刊少年キャプテン」徳間書店)でデビュー。
青年誌、新聞、女性誌等に漫画を執筆。
その他代表作『みすて・ないでデイジー』『GOD SAVE THE すげこまくん!』
『電波オデッセイ』『ちいさなのんちゃん』『GIVE ME たまちゃん!』等。

東日本大震災を経、
2012年秋「群龍割拠猫とドラゴン展」(東京都美術館)への参加の機会を
開田裕治先生ご夫妻より賜り、一枚絵の制作を始める。
2014年初夏「クトゥルー神話展」より様々グループ展に参加。
父の郷里が福島県双葉町であることから、相馬野馬追応援武者展他にて
「相馬の瀧夜叉姫連作」も執筆。
2016年3月に、スパンアートギャラリー様にて初個展開催。
公益社団法人 日本漫画家協会様 2016年度理事。

展示活動経歴(開催年、展覧会名、開催ギャラリー名)

2012年秋「群龍割拠猫とドラゴン展」東京都美術館様にて

2014年初夏「クトゥルー神話展」スパンアートギャラリー様にて
2014年夏「幻獣神話展」BUNKAMURAギャラリー様にて

2015年冬 ザッヘル=マゾッホに捧ぐ「毛皮を着たヴィーナス」― 倒錯されたエロチシズムの光と影 ―
スパンアートギャラリー様にて
2015年初夏「少女マニエリズム展」スパンアートギャラリー様にて
2015年夏「幻獣神話展2」BUNKAMURAギャラリー様にて

2016年春 初個展「永野のりこ ここで個展 あなたのいた惑星(ほし)」スパンアートギャラリー様にて
2016年夏「幻獣神話展Ⅲ」東京交通会館ギャラリー様にて
2016年冬「第3回キャラクターアート展」山脇ギャラリー様にて

2017年初夏「銀座ねこ集会展」スパンアートギャラリー様にて
2017年夏「幻獣神話展Ⅳ」東京交通会館ギャラリー様にて
2017年秋 個展「世界の彼方果てまでも -同行する肖像(icon)-」
スパンアートギャラリー様にて
2017年冬「第4回キャラクターアート展」山脇ギャラリー様にて

2018年新春 小松左京先生トリビュート「小松左京アート展」
スパンアートギャラリー様にて

展示共同企画
2013年夏「ふくしまへ まんがの力 絵の花束」コミティア様
2014年春「はるこん絵の花束展示」はるこん2014様
2017年春「6年目の絵の花束」ギャラリー・パウパッド様
2018年「おきあがりこぼしプロジェクト 明治大学展」
日本漫画家協会様 米沢嘉博記念図書館様

参加企画展
日本漫画家協会東北ブロック展 日本漫画家協会東北ブロック様

ホームページ;「最果ての石の下のアレ」https://naganoare.wordpress.com/

「まんがの力 絵の花束2018」
(漫画や絵をとおしてふくしまへ)https://naganoseisaku.wordpress.com/

ツイッターアカウント;dempaantenna

永野のりこプロフィール画像

 

広告

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。